弁護士はやはり高時給

弁護士の時給は平均的に1万402円程度になっています。なので、年収851万円となります。この他にも、薬剤師や航空機操縦士や医師、大学教授などが時給の高い職業とされています。年収は高いものの、残業や休日出勤ばかりの職業の場合は、仕事漬けの職業と同じ年収でも残業がない職業を選択することで、時給がひとつの目安になるのです。

弁護士はたくさんのお客様を相手にしなくてはいけないのでとても大変なお仕事なのです。年収がいいと、家族ができた際に、すぐにファミリーカーを購入することもできますし、マイホームもすぐに購入することができるのです。

お子さんが出来た時にも、学資保険などもかけてあげれることができますし、お金がある方が何不自由なく生活を送ることができるのです。お子さんがなにか習い事をしたいと言って来た時にも、お金がある方がすぐに習い事をさせてあげることができるのです。

家族ができた場合にはやはり、お金が一番必要です。ですが、年収がよくて、お金がたくさんあっても、お父さんが休日出勤ばかりしていて、残業ばかりの場合は、お子さんがお父さんになつくことなく、お母さんばかり頼りにしてしまう傾向があります。

いざ、お父さんがお仕事が休みで家にいても、邪魔者扱いをされる場合もありますし、思春期のお子さんが居る場合はもっともひどい仕打ちを受けることもあるのです。ある程度お子さんとのコミュニケーションも必要なので、なるべく休日出勤がなく、残業もない職業が好まれます。