少年事件弁護士の付き添いについて

少年事件が起きた際に、弁護士の付き添いなどが求めることができます。
被害者側の気持ちもさる事ながら、少年事件において、加害者に罪を償わせること、更生の機会を与える必要性があります。

要するに、そのままにしておくと、被害を拡大する恐れがあるので、弁護士による付き添いが必要なケースが少なくないのです。

きちんとした更生、被害者側への謝罪の気持ちなど、与えられた人権を侵害した罪について、過失を問われることが少なくありません。保釈されるまで、結構勾留期間があります。

要するに、弁護士費用をケチるような親だから、少年犯罪に子供が走る、非行に走ると考えて良さそうです。
逮捕される前から、しつけや教育に気を配りましょう。
勉強ができたからといって偉いわけじゃないといった理由等もあるのですが、子供の可能性を潰すこと、犯罪者としての素質を育ててしまうようなことはやめましょう。

そして、万が一、突然逮捕の知らせが入ったら、早めに弁護士に依頼をしましょう。誰が作った子供なのか、また、なさぬ仲だから良いといって放置していると、保護者の責任を問う声が少なくありません。

建造物侵入、児童ポルノ、窃盗等等、やるなよと思っていることも平気でやる方が少なくありません。
更生を目指さなくてはならないこと、そして、一度犯した罪は、償ったからといって消えるものではありません。

もっと犯罪に走るケースも少なくないのが少年事件の特徴です。
保護者としての責任が問われています。責任放棄しないようにしましょう。