過払い金請求は弁護士に相談しよう!

近年、過払い金請求に関する広告などを目にする機会が増えています。消費者金融や信販会社などの貸金業者は、かつては利息制限法の規定を超える金利で貸出をしています。

しかし、最高裁での判決を受け、この利息制限法の金利を超えた分については、本来は支払い義務のないものと解釈されるようになっています。しかし、過払い金を返還してもらうためには、借り手の側で過払い金の有無を調べ、自ら過払い金請求をする必要があります。

個人で過払い金の有無について調べたり、消費者金融等への返還請求を行うのは、実質的には難しいといえます。そのため、過払い金の返還請求をするにあたっては、弁護士などの法律の専門家に手続きを依頼することがもっとも効果的であるといえます。弁護士以外では、司法書士にもこうした手続きを依頼できます。

しかし、取り扱い金額の制限がない弁護士と異なり、司法書士が取り扱いできるのは、請求できる過払い金額の上限が140万円までの場合となります。複数の消費者金融から長年にわたって借入をしているケースでは、相当の過払い金が認められることが想定されます。そのため、そうしたケースでは最初から弁護士に依頼をした方が効率的であると考えられます。

最近では、相談料や着手金不要で過払い金請求手続きを行ってくれる法律事務所も多数あります。過払い金請求手続きを依頼する際は、その法律事務所の評判や、料金体系についても事前に把握しておくことも重要なポイントとなります。