弁護士の受験資格について

弁護士として働きたいと考えている人がいます。しかし国家資格と言うことで試験に合格をしなければいけません。この後に司法修習を受けて修習後に行われる考試に合格をした後に登録をする形になっています。しかし最近では制度が改正されたことにより、司法試験だけではなく、法学教育や司法試験や司法修習を連携させた新しい制度が始められています。

法科大学院で法曹としての専門教育を受けて、これを終了した人が司法修習を受けて法曹資格を与えられるという方法があります。司法試験を受け歌目には受験資格があります。司法試験とは法科大学院での教育をしていく中で、合格をした後の司法修習の後に法曹として活躍を認めることができる程度の能力を備えているのかということが判定されます。これが司法試験になります。

ここでは受験回数も決められています。それは法科大学院を修了した後に5年以内に3回までしか受験をすることができませんでしたが、制度が改正されたことにより司法試験予備試験を合格した後の5年以内であれば、何度でも受験ができます。弁護士の受験資格はこのようになっていますが、司法試験はまず択一式試験があります。ここでは憲法と民法と刑法の3科目が出題されています。

このほかに論文試験があります。択一試験と論文試験の両方とも5月中旬頃までに連続して4日間程度行われるようになっています。そして合格発表は9月初め頃に行われています。このように司法試験の受験資格としては法科大学院を卒業し、法務博士号を取得する必要があります。この大学院を受験するために大学卒業が前提となります。