交通事故の過失割合を有利にするために大切な事

交通事故が発生したときには示談交渉が行われます。ここでは損害賠償請求額などが決められるようになっていますが、この損害賠償請求額はどちらに事故の原因があったかということによって大きく異なってきます。

この割合に関しては過失割合と呼ばれていますが、双方の保険会社の担当者が間に入って決められていきます。しかし保険会社の担当者の意見だけで決められると言うことではなく、基本的には裁判所が決めることができるようになっています。このときに注意しなければいけのは、どのような事故状況であったかということをしっかりと確認すると言うことです。

交通事故の専門家でもない限り、しっかりとした知識が加害者や被害者にはありません。このような中で過失割合を自分に有利に進めていくためにはどのようにすればいいのかと言うことが気になります。その方法としては、事実の評価と言うことと法律的な知識と言うことをしっかりと主張していくと言うことになります。

事実の評価に関してですが、これは警察署が作る実況見分やそのほかの刑事記録が重要になります。言葉で伝えたと言うことはあまり効力はありません。しっかりと書面がなければいけないのです。これらの書類を取り寄せたうえで、細かい部分まで検討していく必要があります。

また法律的な知識に関してですが、過失に関する構造などもしっかりと理解しながら考えていきます。事実をどのように金額に結びつけていくかと言うことが必要です。そのためには法律の専門家である弁護士に依頼をすると安心です。