交通事故紛争処理センターの利用

交通事故を経験したときに、交通事故紛争処理センターという言葉を耳にしたことがある人がいます。ここは交通事故に関して相手の保険会社との話しあいの間に立って、問題を解決してくれるところとなっています。交通事故紛争処理センターには嘱託の弁護士がいます。

したがって何も知識がなくても安心して利用することができるようになっています。ここではお互いが納得して問題の解決ができるように、弁護士が中立の立場に立って業務を行ってくれるようになっています。お互いが納得をして若いと言うことが理想なのですが、このセンターで話しあいの解決が難しいという場合には、裁定という簡単な裁判が行われるようになっています。

敷居が高いと感じている人もいますが、気軽に利用することができます。交通事故に関して法的根拠がしっかりと揃っていれば、普通に裁判をするよりも短い期間で同じような効果が期待できます。また交通事故処理紛争センターの利用は無料となっています。躊躇なく利用することができます。

実際に利用をするときにはまず近くのセンターに電話で予約をすることから始めます。そして必要書類を用意します。予約が取れるまでに1ヶ月から3ヶ月必要です。そしてその後センターに1回から3回程度行き、相手と和解を目指して交渉を行っていきます。

ここで和解が成立しなかったという場合には、審査会と言うところに持ち越されるようになっています。ここでは裁定が下されると言うようになっています。審査会まで行くと損害賠償金額が多くなる傾向があります。