過払い金の請求期限を調べよう

消費者金融などで借り入れをしている場合は返済時には利息もつけて返していくこととなりますので、利息のこともしっかりと考えて返済計画を立てておくことが大切です。

今はかつてのようなグレーゾーン金利はありませんが、それでも有担保のローンに比べれば利息は高めに設定されていますので、毎月の返済額や何回で完済できるかはよく調べておくことが大切です。

利息については過払い金が取り上げられることもありますが、長く取引をされている場合は過払い金についても調べておきたいところです。

過払いとは、支払い過ぎた利息のことを指します。消費者金融、クレジット会社などの貸金業者が利息制限法の上限を超えて貸し出していた利息で、出資法の上限金利は越えない、いわゆるグレーゾーン金利で、以前は気づかずに多くの利息を支払っていた人も多かったものです。

そして、払い過ぎた利息については取り戻すことができ、そうしたお金が返ってくることでより早く完済できるようになります。最近は過払い金請求に力を入れている法律事務所も増えています。払いすぎた利息を取り戻すには請求期限があります。

請求期限については、完済してから10年となっていますので時効になるまでに早めに手続きを行っておきましょう。現在も返済中という場合は、時効になりませんが、すでに完済しているという場合はできるだけ早い対応が大切です。

完済している場合も過払い金請求を行うことができますが、完済してから10年を超えてしまうと取り戻すことが難しくなってしまいます。まずは取引履歴を確認し、過払いがあれば早めに手続きを進めていきましょう。