自分で行う過払い金請求は下調べから

貸金業者からの融資で利息制限法を超える金利で貸付られていた場合は過払い金が発生している可能性があります。

利息制限法とは、元金10万円未満は年利20%、元金10万円~100万円未満は年利18%、元金100万以上は年利15%を上限金利として定めた法律です。例えば30万円の融資を受けていた方が年利20%で貸付られていたら、利息制限法の上限金利18%との差率分2%は無効になります。この2%の範囲で支払った利息が過払い金となり、取り戻すことが可能です。過払い金を取り戻す方法を過払い金請求と言いますが、債務者が自ら債権者に対して請求を行うことができます。

ただ、自分で行う場合は事前知識を持って請求をすることが大切なので、まずは下調べから始めましょう。そこで活用したいのがインターネットです。

ネット検索してみると、過払い金請求についての情報が多数出てきます。また、自分で請求をした経験がある方の情報サイトもありますので、そちらを確認してみるといいでしょう。過払い金請求の手順、注意点、必要書類など具体的な情報を得ることが可能です。

自分で請求する場合は手間と時間がかかってしまう点がデメリットですが、過払い金の請求費用を最低限に抑えて取り戻すことができるというのはメリットです。過払い金請求は法律家に依頼して請求することもできますが、すると報酬がかかり、安くはない費用を支払う必要があります。

その点、自分で請求すれば数千円~数万円程度で済むため、お得に過払い金の返還請求をすることができるのです。