法律事務所の料金について

離婚や借金問題や土地に関する問題が発生したときには法律事務所を利用します。このときに気になるのがどのくらいの費用が必要になるのかということです。したがってまずは弁護士費用がどのくらい必要なのかという相場を把握して、具体的に検討をする必要があります。

また費用だけではなく納得できる解決方法を導き出してくれるような所を選ぶことも大切です。弁護士に相談をするときの料金は次のような損場となっています。法律相談は5000円から1万円となっています。これは法律相談だけで終わった場合となります。

また債務整理や倒産の相談をする場合、消費者金融などから総額で400万円の負債を抱えているというケースで、債務整理の依頼をしたときの概要は次のようになっています。債務整理に関する着手金が10万円から20万円で、報酬金が20万円から40万円となっています。倒産の際の着手金が20万円から30万円で、報酬金が無料から10万円となっています。

個人破産の場合には着手金が20万円から30万円で、報酬は無料から10万円となっています。弁護士費用としては着手金と報酬金と実費があります。着手金は事件の依頼を受けたときに支払う費用で、報酬金は依頼を受けた事件の処理に成功したときに支払う費用となっています。

そして実費ですが、これは交通費や通信費や裁判所に支払う手数料など相談内容を解決する中で必要になる費用のことです。これらの料金は法律事務所によって異なっていますが、民事事件の着手金は300万円を請求した場合には着手金は8.64パーセントになっており、報酬金は17.28パーセントになっています。